まさか我が子が!不登校になってしまう原因とは

不登校の原因は人それぞれ

子供が学校に行けなくなったとき、親御さんとしてはその原因が一番気にかかりますよね。学校でいじめなどの嫌な目に遭っているのではないかと心配になることと思います。もちろん、そのような事態があった場合には解決に向けて対処が必要です。しかし不登校の原因は必ずしもそういったものだけではないのです。
例えば友達やクラスメイト、先輩などとの人間関係について悩んでいたり、学校や先生の教育方針についていけずそれを悩んでいたり、そういった事から不登校になったりもします。また、明確な理由はなく、ただ行きたくないから行かないというようなケースもあります。
子供は大人が思っているよりも繊細で、周りから見れば些細なことでも本人はひどく心を悩ませている場合があることを考慮しなければなりません。

不登校への対処は追い詰めないことが肝心

不登校になっている子供は、それを心配している親御さん以上に様々な不安を抱えています。そこをさらに追い詰めてしまっては、学校復帰どころではないですよね。そのためその対処にはとりわけ配慮が必要です。
まず第一に、無理に理由を聞き出すことはしないことが大切です。学校に行けなくなるほどの大きな悩みを無理に聞き出すことは、子供の心に大きな負担を与えますし、傷を抉ることになりかねません。子供が自発的に話すまで、見守る姿勢を保ちましょう。
そして、学校復帰を急かしてはいけません。行かなければならないというプレッシャーに押しつぶされてしまいますし、子供が親は自分の気持ちを理解してくれないと感じて心を閉ざしてしまう可能性があります。あくまで、子供の味方という立ち位置で立ち直りをサポートしましょう。

小学校に通うことの出来なくなった小学生を指します。原因は様々ですが、いじめや情緒不安定などの精神的要素が要因で不登校小学生を生み出すきっかけになります。